top of page

デンマーク王室ご用達のロイヤルコペンハーゲン。

このバッカシリーズは、1960-1970年代に生産された貴重なヴィンテージです。

Nils Thorssonがプロデュースし、男性作家4人で作品化されたこのシリーズ。素焼きの部分と釉薬がかかった部分のバランスがユニークで、モダンな印象を与えます。

 

残念なことに、今はもう作られないないのですが、ロイヤルコペンハーゲン社の花瓶の中で、私は一番の名作だと思います。

いける花の色やサイズ、テイスト、オールラウンドで、どんな花もいい感じにしてくれる力のある花瓶なのですが、存在を強く主張することなく、静かながら、しっかりとした上品な存在感がたまりません。

四季を通じて、楚々とした花も、艶やかな花も、あれこれいい感じにしてくれます。

早春は、椿をひと枝、春は桜の枝や、チューリップ、パンジーを、

初夏は芍薬を盛夏は、モンステラなどの南方の葉っぱを、秋には、ススキや名残のバラを。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブランド Royal copenhagen/ロイヤルコペンハーゲン

デザイン Nils Torsson

アイテム bacaヴィンテージ花瓶

素材      陶器

サイズ  高さ22cm×幅7.8cm×口径6cm

原産国  デンマーク

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

>>Nils Torsson/ニルス・トーソン(1898~1975)

スウェーデン生まれのデザイナー。

1933年からデンマークの陶磁器メーカー「ロイヤルコペンハーゲン」にて絵付け師として活躍し、「テネラ(Tenera)」、「バッカ(Baca)」シリーズなどを手がけました。

52_Royal copenhagen bacaヴィンテージ花瓶 / デンマーク

¥30,000価格
消費税込み |
  • ヴィンテージやアンティーク商品の特性上、スレキズや汚れなど経年劣化がある場合がございます。

    予めご了承ください。

    ご購入の際はご理解の上、ご注文いただくようお願いいたします。

    また掲載商品の詳細写真の色味は、できる限り実物に近づけるよう努力しておりますが、ご使用のブラウザにより若干の色ブレなどがございます。

    あくまでイメージとしてご理解いただけますと幸いです。

bottom of page