top of page
IMG_3001.jpeg

About Mikako Ichimura

Message

植物のエネルギーは、健やかな暮らしに欠かせない

植物が本来持っているエネルギーをお届けしたいと思っています。


日々の暮らしの中の1本の花、
人々が集まる「ハレの日」の大掛かりな花装飾、
どちらも、その思いは変わりません。

日々の花を上手にいけるための花の教室

「生きるための日々の花レッスン」を東京を拠点に全国で開催するほか、
不定期で「花瓶専門店」を開催し、
日々の花の頼もしい助っ人としての

「力のある花瓶」を展示販売しています。
また、花のエネルギーを大勢の人たちに楽しんでいただくために
イベントや雑誌、CMのためのフラワーデザインを提案。
さまざまな形で、人が健やかに生きるために欠かせない

「緑の居場所」をデザインしています。

Profile

市村美佳子 Mikako Ichimura

フラワーデザイナー、株式会社緑の居場所 代表取締役

大学では陶芸部に所属し、卒業後株式会社ロイヤルコペンハーゲンに入社。丸の内本店で店内の花装飾を担当したことをきっかけに通ったフラワーアレンジメント教室の講師、あんりゆき氏のイギリス暮らしと花に憧れて渡英、現地でフラワーアレンジメントを学ぶ。帰国後、あんりゆき氏に師事し、1994年独立。
東京・南青山のアトリエで花教室を主宰するほか、フラワーデザイナーとしてファッション&ライフスタイルブランドのイベント花装飾を手がける。料理雑誌や書籍のテーブルスタイリストとしても活動。2012年、小さな頃からのエプロン好きが高じて、ディレクターの滝本玲子氏と「エプロン商会」を設立。リバティプリントやヴィンテージの布を使った、身につけるだけでワクワクする「大人のためのエプロン」のデザイン、制作、販売を開始。2016年、屋号を「緑の居場所デザイン」と改称、2020年、株式会社緑の居場所を設立。2022年3月、エプロン商会のふたりで、古い着物の布を使って洋服に仕立て直すブランド「around 」をスタート。

_MG_9229A.jpg

Photo/ Hiromichi Kataoka

エプロン商会

小さな頃からのエプロン好きが高じて、ディレクターの滝本玲子氏と始めた「エプロン商会」。リバティプリントやヴィンテージの布を使って、身につけるだけでワクワクする大人のためのエプロンをデザイン、企画しています。イベントのお知らせとオンラインショップは、エプロン商会ウェブサイトをご覧ください。

IMG_9320.jpeg

around

エプロンのための布を探す中で、出会った古い着物たち。エプロン商会の二人で始めた、古い着物の布を使って洋服を作るプロジェクトが「around」です。古い着物を丁寧にほどき、水洗いして、布の状態に戻してから洋服に仕立てています。身の周りにあるものを使って、日々の暮らしの中の「あったらいいな」をデザインしていきたいと思っています。

211211_0706.jpg

北欧、暮らしの道具店さんの『うんともすんとも日和』に取材していただきました

bottom of page